桃源郷の空の色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢は勝ち負けではない


2017年7月20日

生涯現役を貫き、日本の医療に貢献されてきた日野原重明先生が亡くなられました。

いつも明るくて、朗らかで、ユーモアがあって楽しい人だった先生。
延命治療は望まず、周囲に感謝しながら
最期はご家族に見守られ安らかに逝かれたそうです。

十二分に生きて
みんなを楽しませ、喜ばせてくださったご立派な生涯。

あの優しい笑顔、温かな語り口を思い浮かべながら
ご冥福を心よりお祈りいたします。


二年前、103歳のときの日野原先生を書いた記事を
追悼の再掲とさせていただきます。


2015年5月29日

『年齢は勝ち負けではない』

実家から無事に戻りました。
帰るといつも、中学時代からの友人たちと会う時間を持ちます。

年代ごとに話す内容も変わってきていて
今回は親の介護や自分自身の未来についても話題に上りました。

あらためて思うのは、若さとか、幸せ不幸せは相対的なものではなく
『自分が感じるもの』だということです。

「あなた、若いわね!」と、たとえ人が褒めてくれたとしても
自らが若いと思わなければ本当の意味でそうは思えないですよね。
自分のことは自分自身が一番よく判っているのだから。


帰りの新幹線で読んだ「日野原重明さんの名言集」より

人間にとって最も大切なのは、命の長さだと思っている人は多い。

しかし、私が出会った人を振り返ってみて
その人の命が素晴らしい命だと思える人においては
ごく少数の例外はあるにせよ
命の長さはあまり問題ではない。

人間の夢見る幸福というのは
往々にして、貧乏するとか仕事に失敗するとか
あるいは病気にかかるということによって
一瞬にして不幸に変わってしまうような儚いものである。

病の中にも心の幸福を得るためには
どうしたらよいかということを考えなくてはならない。

生きがいとは
自分を徹底的に大事にすることから始まる。

私たちの身体は土でできており、身体は早晩、土に還る。

私たちは、この土の器の中に
はかりしれない宝を入れることが出来る。

私たちの寿命は
土の身体に何を容れるかを模索することで費やされる。

器は器のためにあるのではなく
中に何ものかを容れるためにあるからである。

鳥は飛び方を
変えることは出来ない。

動物は這い方、走り方を
変えることは出来ない。

しかし、人間は
生き方を変えることが出来る。



心の良い習慣というのは
表情や仕草にあらわれるものですね。
人の顔つきも習慣なのです。

よき眼と耳、温かい手と配慮の心
しみ込むような言葉を持ち人に接したいと思う心が
自分を豊かにしてくれるような気がします。

自分を相手に置き換える想像力を、いつも持っていたいものです。

「人生には無駄というものはない」
と、よく言われます。

しかし、後になってみないと
その本当の意味は分からないですね。
辛いことでも苦しいことでも、体験したことは
間違いなく自分の強みになる。


現在、103歳の日野原さんはこうも仰っています。

【年齢は勝ち負けではありません。
謙虚に、そして存分に味わえばよいのです】



母の笑顔を見ながら語り合えること
その命を想う気持ちを大切に

これからの人生も謙虚に
そして...
存分に味わっていこうと思います。



スポンサーサイト
テーマ: 伝えたいこと | ジャンル: 日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。